ハリアー運転しやすい? 安全性・自動ブレーキと横滑り防止機能

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

TOYOTAの人気SUVであるハリアー。

 

自分が購入する車はやはり運転しやすいほうがいいですよね。

 

今回はハリアーは運転しやすいのか!?運転しにくいのか!?

 

更に、安全性について、自動ブレーキを徹底評価していきたいと思います。

 

更に、横滑り防止機能のメリット、デメリットについてもみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


1.ハリアーは運転しにくい?運転しやすい?優れた4つのメリット

引用元→https://toyokeizai.net/articles/-/172873

 

〇運転のしやすさは何で決まるのか!?

 

運転のしやすさは、車のサイズと形である程度決まるといわれています。

 

特に初心者の方に乗りやすい車は車自体が小さくてフロント(ボンネット)が短い車といえるでしょう。

 

なので、軽自動車は皆さん乗りやすいですよね。

 

普通車は形もさまざまで大きさも大きいものから小さいものまであります。

 

セダン車やクーペのようにフロント(ボンネット)が長い車もあれば1BOXのように短い車もあります。

 

それに加えて車室(運転席)からどの程度周りが見渡せるかが運転しやすさのポイントとなるでしょう。

 

引用元→https://gazoo.com/impression/r298083.html

 

では、ハリアーはどうでしょうか。

 

車体の大きさは車全体で見たら中間もしくは少し大きいくらいでしょうか。

 

フロント(ボンネット)の長さはそれほど長くないと思います。

 

車室からの見晴らしはどうでしょうか??

 

SUVは通常の車よりも座位置が高い場所にあるので見晴らしがよいと考えられます

 

見晴らしがいいので女性でも運転しやすい!という声は多くあるようです。

 

 

引用元→https://www.alpine.co.jp/model/harrier/

 

〇ハリアーを運転してみて感じること

 

ハリアーには大きくハリアーを運転することのメリットが4つあるようです。

 

メリット1 室内について

 

ハリアーの室内はしっかり足ものばせる空間と座位置から天井までの距離もちょうどよいです。

 

広々とした空間を有していることもあり、家族でのお出かけやアウトドアにピッタリです!

 

メリット2 内装について

 

ハリアーの内装は高級感があり、その空間にいるだけで高級車に乗っているような感覚を覚えます。

 

雰囲気がすごくよく、彼女とのデートなどでいい雰囲気を演出してくれること間違いなしです。

 

 

引用元→https://kakakumag.com/car/?id=10781

 

メリット3 燃費について

 

ハリアーは重量のあるボディでありながら低燃費を実現してくれます。

 

通常SUVなどの大型の車は重量ゆえに燃費はよくない傾向にありますが、近年は低燃費車がたくさんあるのでハリアーもそれに追従したような感じです。

 

実際のところ13㎞/ℓ~15㎞/ℓ走るので燃費が良いといえるでしょう。

 

 

メリット4 運転のしやすさについて

 

運転のしやすさはやはり前方の視界確保がどうかで決まると思います。

 

もちろん車両サイズや形状である程度左右されますが、ハリアーはSUVなので大きめのサイズになります。

 

高い座位置での運転はまるで下界を見下ろすかのような感覚を覚えます。

 

前方の視界がいいのでハリアーは非常に運転しやすいといえるでしょう。

 

スポンサーリンク


2.ハリアーの安全性と自動ブレーキを徹底評価!制御機能機について

引用元→https://response.jp/article/2014/03/05/218506.html

〇ハリアーは安全なのか!?

 

ハリアーには全グレード標準装備でトヨタセーフティセンスPが搭載されています。

 

ミリ波レーダーと単眼カメラで前方の安全性を見張ってくれています。

 

ミリ波レーダーで長い距離の障害物や歩行者を検知し単眼カメラで物の大きさや形を認識します。

 

こういった2種類のカメラ、レーダーを組み合わせることで前方への安全性は確保されているのです。

 

更に、レーンディパーチャーアラートと言って前方のカメラで白線をはみ出していないか確認してくれています。

 

はみ出した場合はアラームとディスプレイ警告で知らせてくれます。

 

更に、レーダークルーズコントロールと言って高速道路などでクルーズコントロール(走行速度を一定に保つもの)を使用している際に前方の車に追いついた場合速度を自動的に減速するというものまでついています。

 

 

引用元→https://rojam.jp/catalog/aero/harrier_genik/

 

クルーズコントロールがあれば高速道路は楽ちんですよね。

 

レーダークルーズコントロールでさらに自動で安全が実現されています。

 

ハリアーの安全性能は非常に高く満足のいくものとなっています。

 

〇ハリアーの自動ブレーキはどうなの!?

 

ハリアーの自動ブレーキシステムはプリクラッシュセーフティシステムといいます。

 

上でも書いたようにミリ波レーダーと単眼カメラが危険を察知し自動でブレーキングします。

 

危険を察知したらブザーとモニター表示で知らせてくれます。

 

人的にブレーキをかけると自動ブレーキがアシストしてくれブレーキ力が上がります。

 

もともとトヨタセーフティセンスP自体がトヨタの高級車に搭載されていたシステムなので同クラスのSUVに搭載されている自動ブレーキに比べると性能がいいようです。

 

YOUTUBE等で口コミを見てみると30㎞前後でしか停止しないのでまだまだといったところでしょうか。

 

実際のところ30㎞前後での走行なんてあまりないので使えないという評価にならざるを得ないです。

 

ただ低速走行の時は効果があるのでないよりはいいですが。

 

今後のグレードアップに期待ですね。

 

いずれにしても自動ブレーキ自体がまだまだなシステムかなと思うので決して過信はせず安全運転を心がけていただけたらと思います。

 

 

スポンサーリンク


3.ハリアーの横滑り防止装置にはメリット・デメリットがある?

引用元→http://www.kspec.jp/silkblaze/catalog/aero/glanzen/harrier_kou/index.html

 

〇そもそも横滑り防止装置ってなに!?

 

わかりやすく言うと、滑りやすい路面などで安定してコーナリングができるという装置。

 

もう少し詳しく話すと、アンダーステアやオーバーステアなどの危険な状態をコンピューターが検知するとブレーキ、エンジンの回転数を調整します。

 

そうすることで、過度のパワー使用や操作ミスをしないので滑らないということです。

 

では、そんな横滑り防止装置ですがメリット、デメリットを見ていきましょう。

 

〇メリット

 

・悪路面でも安定してコーナリングができる。

 

特に雪道では4輪が好き勝手動作してしまい操作しにくいのですが、横滑り防止装置のおかげで安定して走行できます。

 

・横滑り防止装置が搭載されると事故が30%から40%減る。

 

これはすごいことです。

 

実際にこういう装置がなかったときは操作ミスでの事故があったようですが、現在はよほどでない限りはある程度防げるようになっています。

 

引用元→http://www.admiration.ne.jp/

 

〇デメリット

 

・スポーツ走行に適さない

 

ドリフト走行時などの特殊な走り方をするスポーツ走行時はABSや横滑り防止装置はないほうがいいです。

 

・エアバックなどに比べたらその安全性がわかりづらい。

 

エアバックはイメージとしてぶつかったら開いて衝撃を軽減するというのはわかりますよね。

 

でも横滑り防止装置は実際その状況になったときに挙動を理解できるかどうか経験してみないとわかりません。

 

素晴らしい、必要不可欠な装備なのですが、一般ユーザーにはなかなか理解しにくい装置かと思います。そこがデメリットと思われます。

 

引用元→https://car-research.jp/tag/harrier

 

いかがでしょうか。

 

ここまで安全装置等についてメリットなどいろいろな角度から見てきました。

 

横滑り防止装置は特に安全性が高いことから全車搭載義務があるということも納得がいくのではないでしょうか。

 

今まで気にせずに乗っていた方も最近の車でしたら必ずついていますので一度確認してみてください。

 

こういった安全装置は使い方を知っていたほうがより安全に車を走らせることができます。

 

どんなに安全な装置がついていてもドライバーが危険な運転をすれば現在の車では防げない事故もたくさんあります。

 

結局のところドライバーがいかに安全運転をするかが事故の起こる起こらないを左右するのです。

 

引用元→https://navikuru-car.com/harrier-hybrid-usedcar-9340

横滑り防止装置のようにドライバーの不慮の操作などを自動でサポートしてくれるような装備は今後も活躍していくことが安易に想定できます。

 

もちろん、オール自動運転になれば全くぶつからないということも未来は可能でしょうが、現在はそういう装置で安全に運転できているという認識も必要です。

 

何度も言いますが、安全運転を心がけて楽しいカーライフを送りましょう。

買取相場より70万円以上高く愛車を売る3つのポイントとは?

 

高く売りたいなら、ディーラーの下取りはオススメできません。

車の査定には、様々な要因で、買取価格が決定します。

複数の買い取り業者に競わせること。

 

この3つをポイントあなたの愛車を一番、

高く売る近道となります。

愛車を売る時、絶対に損をしない為にすること。

それは事前にあなたの車の買取価格を

一括査定で複数業者に競わせるのです。

そして、納得のいく、査定額までを引き出しましょう!

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

スポンサーリンク



新型ハリアーを購入の際はお忘れなく♪

ピックアップ記事

  1. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリアーの後部座席について…
  2. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  3. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  4. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はもとも…
  5. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回は人気ライバル車のマ…

スポンサーリンク



PAGE TOP