ハリアーのモデルチェンジ情報・予想・時期を過去の推移で検証

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

TOYOTAの人気SUVであるハリアー

今回はモデルチェンジに関する情報を予想!!

モデルチェンジの時期を過去の推移で検証していきたいと思います。

 

スポンサーリンク


1.ハリアーのフルモデルチェンジ情報!2020年発売で価格は...

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU6177010994/index.html

 

まずは今あるハリアーのフルモデルチェンジの情報についてみていきましょう。

1997年12月に発売されて以来SUVジャンルにおいて人気を誇っているハリアー。

そんなハリアーですが、2020年にフルモデルチェンジするという情報があります。

 

〇次期ハリアーの基本性能の改善、変更点は?

 

・エクステリア関係

外回りのデザインは引き続き流行りのシーケンシャルウインカーが搭載される予定のようです。

デザインはより洗練される模様で現行よりもかっこよくなることは間違いないでしょう。

 

・インテリア関係

インテリアに関してもどんどんハイグレードな装備を搭載してきましたが、次期ハリアーでも高級車さながらの装備が搭載されることが期待されています。

 

やはり、高級志向のハリアーは高級という部分をアップグレードしないわけにはいかないでしょう。

以前にも書きましたが、すべてにおいてちょうどいい車だと思うので既存の一枚も二枚も上手をいけば十分な進化といえるでしょう。

 

・走行性能関係

 

次期ハリアーで、特に目を向けたいのは走行性能です。

 

どう変わるかというと、今までシャシはRAV4でしたが、次期ハリアーはTNGAという新しいシャシが採用される予定です。

新設計のシャシで現行ハリアーよりも走行性能がアップするというわけです。

シャシが替わることにより以下のメリットがあります。(もちろん、性能が向上する前提でのお話ですが)

 

・軽量化により燃費性能がアップ
・剛性がよくなることで走行安全性能がアップ

 

シャシが改良されることによりダイナミックトルクベクタリングという4WDの機構が採用され燃費が向上します。

 

https://www.gifu-toyopet.jp/harrier/

 

〇次期ハリアーの安全性能はどうでしょうか?

先ほど述べたようにシャシの剛性アップで安全性能はアップするのですが、具体的には以下です。

次期ハリアーでは、トヨタセイフティセンス(第2世代)が採用されるようです。

内容は以下です。

・レーントレーシングアシスト

グルーズコントロース使用時に先行車や道路線を感知し運転をサポートしてくれるので安全に運転できるというもの運転をサポートしてくれる際にハンドリングを自動でしてくれる(完全ではないと思われます)ので高速道路走行時の疲労軽減になるというわけです。

 

・ロードサインアシスト

カメラが道路標識を自動で認識しナビディスプレイなどに表示してくれるもの。

これで、道路標識の見落としが減ることでしょう。

 

・先行車発信告知

この機能は今の車にもありますが、信号などで停車しているときに前の車が動き出し自車が停止したままだとアラームが鳴るというもの。

これで、後ろの車にクラックションを鳴らされることも減りますね(笑)

 

いかがでしょうか。

以上のような安全性能が追加になるようです。

近年安全に重点を置いているのでこういったシステムは非常にありがたいですね。

 

〇次期ハリアーのエンジンはどうなるの?

 

次期ハリアーのエンジンはターボモデルを除いて新しくなるようです

新開発のダイナミックフォースエンジンというパワートレインを採用します。

 

・ターボモデル

エンジンに変更はないですが、トランスミッションが変更になるかもしれません。

輸入車に多いイメージですが、多段階のATに変更になるという話もあります。

実際のところまだ未発表なのでわからないですが、8ATなどになると面白そうですね。

 

・ハイブリッドモデル

新型のカムリで搭載されているダイナミックフォースエンジンと相性の良いTHSⅡが搭載される予定です。

THSⅡは加速時にエンジンの回転数を下げ電気の力を使いスムーズな加速を実現します。

 

・NAモデル

2.0ℓのダイナミックフォースエンジンが可能性としては高いです。

現行の2.0ℓエンジンよりも馬力、熱効率、燃費性能が格段に上昇。

さらには2.5ℓエンジンの搭載の話もあるようで、いろいろな選択肢がでてきましたね。

 

とはいえ、やはり走りを求めるならターボエンジンということになりますね。

燃費性能や、環境性能を度外視したら速くて、運動性能の良い車が車としては面白い!!

これに尽きると思います。

走りを求めていない人は低燃費で安全なガソリン車、ハイブリッド車がお勧めです

 

〇次期ハリアーのトランスミッションは?

次期ハリアーでうわさされているのは新開発のトランスミッションであるダイレクトシフトCVTが搭載されるという話があります。

このトランスミッションはCVTによくあるダイレクト感がないというものを解消する装置になってます。

発進用のギアを搭載することでCVTでありながらダイレクト感のあるトランスミッションになることが予想されます。

 

スポンサーリンク


2.ハリアー新型のフルモデルチェンジの予想。

人気SUV「ハリアー」が マイナーチェンジ

 

新型のRAV4の発売日が2019年4月なのでハリアーもそろそろと思いますよね。

RAV4とはしっかり住みわけができていてハリアーは高級感担当(笑)RAV4はいわゆるSUV担当(笑)ですね。

 

次期ハリアーに期待したい点

・7人乗り、3列シート仕様の追加
・さらに燃費向上
・ダイナミックフォースエンジンの搭載
・更なる高級感の追及(ただしレクサスRXなどとは差別化が必要)
・ターボモデルの走行性能アップ
・さらに安全性能アップ

 

〇ハリアーをミニバン化!?

今までハリアーといえばゆったりとした5人乗りのイメージですが、ここで7人乗りが出たらすごくいいと思いませんか?

ハリアーが欲しいけど5人しか乗れないから買えないという方が購入検討に入ってきます。

マツダのCX-8がまさにそうだと思いますが、ハリアーにもそういう仕様があると面白いと思います。

 

〇とにかく高級感を!!

ハリアーはやはり高級感のあるSUVがコンセプトだと思います。

いままで貫いてきた高級志向をさらに向上し、ユーザーが満足できる仕様でお手頃価格で世に出すことができたらそれはもう万々歳ということになります。

すべてにおいてちょうどいいと考えられるハリアーは次回のフルモデルチェンジで更なる進化を遂げると期待されています

 

新型ハリアーに期待される点は以上です。

 

▼また納期を同時に早める手段を使うと良いでしょう。

【期間限定公開】中古車一括査定の安心車.jp

 

スポンサーリンク


3.ハリアー新型のフルモデルチェンジ時期の詳細情報!

https://clicccar.com/2017/06/10/480766/

 

次期ハリアーフルモデルチェンジの時期はやはり2020年春でしょう!

1997年12月 初代ハリアー発売

2000年11月 マイナーチェンジ

2003年2月  2代目ハリアー発売

2013年11月 3代目ハリアー発売

2017年6月  マイナーチェンジ

 

以上のような推移で今までのところ動いています。

2代目から3代目までは10年間と非常に長い期間がかかっていますが、5年を経過したあたりからフルモデルチェンジが疑われると思います。

やはり、マイナーチェンジにはない特別な感覚がフルモデルチェンジにはあります。

今までとは全く違う新しい車に出会える瞬間です。

3代目が発表されてからはや5年。最後のマイナーチェンジからもうすぐ2年なのでそろそろフルモデルチェンジのタイミングと思われます。

上でも述べたように、次期ハリアーはより高級に、より安全に、より運転が楽しい車に仕上がってくるはずです。

これまでTOYOTAが培ってきた技術と商品力でユーザーがワクワクするような車を作ってくれることは間違いないでしょう。

 

https://www.tokyo-toyopet.co.jp/column/20170622-harrier_comparison

次期ハリアーの発売が期待されるのは1年後の春です。

2019年にという話もありますが、過去の流れや状況からして1年後が濃厚です。

今ちょうど買い替えを検討している方、ハリアーが欲しいけど悩んでいる方、タイミングをよく見て購入に踏み切りましょう。

購入後に新車発表となるとなかなかつらいものがあります。

情報収集は欠かさず損の無いように購入したいものですね。

買取相場より70万円以上高く愛車を売る3つのポイントとは?

 

高く売りたいなら、ディーラーの下取りはオススメできません。

車の査定には、様々な要因で、買取価格が決定します。

複数の買い取り業者に競わせること。

 

この3つをポイントあなたの愛車を一番、

高く売る近道となります。

愛車を売る時、絶対に損をしない為にすること。

それは事前にあなたの車の買取価格を

一括査定で複数業者に競わせるのです。

そして、納得のいく、査定額までを引き出しましょう!

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

スポンサーリンク



新型ハリアーを購入の際はお忘れなく♪

ピックアップ記事

  1. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリアーの後部座席について…
  2. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  3. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  4. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はもとも…
  5. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回は人気ライバル車のマ…

スポンサーリンク



PAGE TOP