ハリアーの減税・費用をわかりやすく解説-車の税金

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

 

TOYOTAの人気SUVであるハリアー。

やはり気になるのは減税、税金などのお金に関することですよね。

今回は、ハリアーの減税、費用、車の税金についてみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


ハリアーのエコカー減税終了・増税?減税を知らないと損!

まずは、減税等の車の税金についてみていきましょう。
平成29年度税制改正による新しいエコカー減税、

グリーン化特例による減税額などを紹介していきます。

車の税金でかかるものは以下です。

 

 

●自動車取得税

●自動車重量税

●自動車税

 

●ハイブリッド車は全て自動車重量税、

自動車取得税は免税となっています。

ガソリン車は平成29年度税制改正による

新しいエコカー減税では、

 

自動車重量税が25%減税

自動車取得税も20%減税となっています。

 

ターボ車は、新しいエコカー減税対象外ですが、

自動車重量税は本則税率が課税されます。

 

続いて、減税等の用語についてみていきましょう。

以下のようなものがあります。

 

○エコカー減税とは?

 

排気ガス性能、燃費性能に優れた自動車に対して、

それらの性能に応じて自動車重量税と自動車取得税を

免税もしくは減税するもの。

 

こちらを、簡潔に説明しますとエコカー減税

とは言いつつも、重課(増税)あり。

 

▼継続時の車検にかかる費用【※自動車重量税※】

 

◯新車登録より13年経過した車で、約1.4倍に。

◯新車登録から18年経過した車は、約1.5倍に。

跳ね上がってしまうので要注意です!

 

上記の条件については、2年に1回の車検時に支払いますが、

1.5倍はキツイ!ないだろーですよね(T_T)

スポンサーリンク


18年超えた車の税金はどうなるの?

 

引用元⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/Citro%C3%ABn_H_Van

 

▼18年を超えた車の税金はというと…。

◯自動車税・15%にUP!

◯自動車重量税が50%にUP!

 

※1500cc(車両重量1.5トン未満)のコンパクトカーを例をだすと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自動車税は34,500¥⇒39,600¥に。

自動車重量税が24,600¥⇒37,800円に。

なってしまう!

 

恐ろしいシステムとなっています(汗)

では、18年超えると税金が上がるし、

損だから「買い換えるか」と考えますよね。

 

買い換えの時に一番気になるのは、

そもそも「古い車に査定はつくのか?」です。

 

 

▼18年超えの古い車に査定はつくの?

まず、手っ取り早くディラーに行って、

下取りをお願いしてみてください。

 

ものの見事に「下取りはつきませんね」

と即答されます(笑)

 

来、ディーラーは新車販売が本業ですから、

車の下取りに協力的でもなく、興味が全くありません。

 

年式の古い車に対しては、露骨なほど

雑な対応されることでしょう・・・(ToT)

 

 

※18年超えの古い車や20万キロ以上の走行している車、

調子が悪い、動かない車や、査定額が0円に等しい場合は、

 

以下の廃車買取サービスを利用してみるのも手ですね。

引き取り額、レッカー費用も無料ですので、

よろしければ試してみてください(^^)

 

▼廃車買取専門サービス

「動かなくなった車、どうすればいいの?」

 

●買い取り専門店との違い

 

一転して、買い取り専門店は本業が「車の買い取り」ですので、

買い取った車を国内・更には海外にも輸出し利益を上げています。

更には、

 

海外で日本車(JAPAN BRAND)は、

 

 

・日本製の車は性能が良い。

・日本車は信頼できるブランド。

・車検制度があるから安心。

・道路が整備されており車のコンデションも良い。

・定期的で丁寧なメンテナンスが行われている

 

という事から、大変な人気と需要があります。

 

海外では20~30万キロ超えはザラで、

18年落ちの車が普通に走っている状況なんですね。

 

この様な理由から、18年超え・落ちの車を

面倒だからと、近くの買取専門店に売ってしまうと…

後で後悔するハメになるかもしれません。

 

一番高い査定を出してくれる業者を探さないと、

大損する可能性大です。

 

そこで!損をしないようにするには

どうするのが良いのか?というと、

 

簡単な手続きで済むWEB一括査定を利用して、

複数の買取専門店から見積もりを貰い、

賢く買い取ってもらうのが一番よい方法ですね。

 

以下のサービスを使えば楽に損することなく、

見積もり依頼が一括で取れてしまいます♪

 

中古車一括査定の安心車.jp

※無料ですので、よければ一度ご利用してみてくださいね^^

予想外の高値がつくことも良くありますよ!

 

では、では、次の説明に行きましょう。

○グリーン化特例とは?

 

排気ガス性能や燃費性能に優れた

自動車に対して自動車税などの軽減と、

新車新規登録等から一定年数を経過した

自動車に対して税率を高くするもの。

 

ちょっと?分かりづらいですね…。

※簡単に説明・要約すると。

 

○グリーン化特例に適応

「排気=ガスが少ない車種・燃費が良い車は

環境に優しく、エコに貢献してますね、

だから車税金を少し安くしますよ~。」

 

■グリーン化特例に非対応

「古い車・排気=ガスが多い車種・燃費が悪い車は

環境に優しくないので増税しますよ!」

と言いたいワケですね。

スポンサーリンク


ハリアーの自動車税-早見表[最新!2019年度版]

次により詳しくグレードごとの自動車重量税、

自動車取得税、自動車税、減税額を見ていきましょう。

 

○中古車特例とは?

排気ガス性能や燃費性能に優れた自動車(中古車)

に対して自動車取得税を軽減するもの。

 

○ASV特例とは?

衝突被害軽減ブレーキを搭載したバス、トラックに対して

自動車重量税と自動車取得税を軽減するもの。

 

○バリアフリー特例とは?

ノンステップバス、リフト付バス、

ユニバーサルデザインタクシーの自動車重量税、

自動車取得税を免税、軽減するもの。

 

○条例バス特例とは?

都道府県の条例に定める路線を走行するものに対し

自動車取得税を非課税にするもの。

 

引用元:http://xn--u9jy03t68mw0c.com/

▼エコカー減税一覧表▼

 

ハイブリッド車▼

ELEGANCE(4WD)
・自動車重量税:免税(減税額30,000円)
・自動車取得税:非課税(減税額約94,300円)
・自動車税:約11,500円(減税額約33,500円)
エコカー減税合計額:約124,300円

 

PREMIUM(4WD)
・自動車重量税:免税(減税額30,000円)
・自動車取得税:非課税(減税額約101,800円)
・自動車税:約11,500円(減税額約33,500円)
エコカー減税合計額:約131,800円

 

PREMIUM Metal and Leather Package(4WD)
・自動車重量税:免税(減税額30,000円)
・自動車取得税:非課税(減税額約110,600円)
・自動車税:約11,500円(減税額約33,500円)
エコカー減税合計額:約140,600円

 

PROGRESS(4WD)
・自動車重量税:免税(減税額30,000円)
・自動車取得税:非課税(減税額約115,000円)
・自動車税:約11,500円(減税額約33,500円)
エコカー減税合計額:約145,000円

 

PROGRESS Metal and Leather Package(4WD)
・自動車重量税:免税(減税額30,000円)
・自動車取得税:非課税(減税額約123,800円)
・自動車税:約11,500円(減税額約33,500円)
エコカー減税合計額:約153,800円

 

▼ガソリン車▼

ELEGANCE(2WD/FF/CVT)
・自動車重量税:22,500円(減税額7,500円)
・自動車取得税:約59,000円(減税額約14,700円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)
エコカー減税合計額:約22,200円

 

ELEGANCE(4WD/CVT)
・自動車重量税:22,500円(減税額7,500円)
・自動車取得税:約62,900円(減税額約15,700円)
・自動税:約39,500円(減税額0円)
エコカー減税合計額:約23,200円

 

PREMIUM(2WD/FF/CVT)
・自動車重量税:22,500円(減税額約7,500円)
・自動車取得税:約65,000円(減税額約16,200円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)
エコカー減税合計額:約23,700円

 

PREMIUM(4WD/CVT)
・自動車重量税:22,500円(減税額7,500円)
・自動車取得税:約68,900円(減税額約17,200円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)
エコカー減税合計額:約24,700円

 

PREMIUM Metal and Leather Package(2WD/FF/CVT)
・自動車重量税:22,500円(減税額7,500円)
・自動車取得税:約72,000円(減税額約18,000円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)
エコカー減税合計額:約25,500円

 

PREMIUM Metal and Leather Package(4WD/CVT)
・自動車重量税:22,500円(減税額7,500円)
・自動車取得税:約75,900円(減税額約19,000円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)
エコカー減税合計額:約26,500円

 

PROGRESS(2WD/FF/CVT)
・自動車重量税:22,500円(減税額7,500円)
・自動車取得税:約75,600円(減税額約19,900円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)
エコカー減税合計額:約27,400円

 

PROGRESS(4WD/CVT)
・自動車重量税:22,500円(減税額7,500円)
・自動車取得税:約79,500円(減税額約19,900円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)
エコカー減税合計額:約27,400円

 

PROGRESS Metal and Leather Package(2WD/FF/CVT)
・自動車重量税:22,500円(減税額7,500円)
・自動車取得:約82,600円(減税額約20,600円)
・自動車税:39,500円(減税額0円)
エコカー減税合計額:約28,100円

 

PROGRESS Metal and Leather Package(4WD/CVT)
・自動車重量税:22,500円(減税額7,500円)
・自動車取得税:約86,500円(減税額約21,600円)
・自動車税:39,500円(減税額0円)
エコカー減税合計額:約29,100円

 

▼ターボ車▼

ELEGANCE(2WD/FF/6AT)
・自動車重量税:30,000円(本則税率)
・自動車取得税:約84,500円(減税額0円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)

 

ELEGANCE(4WD/6AT)
・自動車重量税:30,000円(本則税率)
・自動車取得税:約89,300円(減税額0円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)

 

PREMIUM(2WD/FF/6AT)
・自動車重量税:30,000円(本則税率)
・自動車取得税:約87,900円(減税額0円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)

 

PREMIUM(4WD/6AT)
・自動車重量税:30,000円(本則税率)
・自動車取得税:約92,800円(減税額0円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)

 

PREMIUM Metal and Leather Package(2WD/FF/6AT)
・自動車重量税:30,000円(本則税率)
・自動車取得税:約96,200円(減税額0円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)

 

PREMIUM Metal and Leather Package(4WD/6AT)
・自動車重量税:30,000円(本則税率)
・自動車取得税:約101,100円(減税額0円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)

 

PROGRESS(2WD/FF/6AT)
・自動車重量税:30,000円(本則税率)
・自動車取得税:約101,200円(減税額0円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)

 

PROGRESS(4WD/6AT)
・自動車重量税:30,000円(本則税率)
・自動車取得税:約106,100円(減税額0円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)

 

PROGRESS Metal and Leather Package(2WD/FF/6AT)
・自動車重量税:30,000円(本則税率)
・自動車取得税:約109,500円(減税額0円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)

 

PROGRESS Metal and Leather Package(4WD/6AT)
・自動車重量税:30,000円(本則税率)
・自動車取得税:約114,300円(減税額0円)
・自動車税:約39,500円(減税額0円)

 

出典:http://車の税金.com

以上グレード別エコカー減税一覧表でした。

いかがでしたでしょうか。

 

自分が狙っているグレードの税金関係が

お分かりいただけたのではないでしょうか。

参考にグレード選びをしていただいてもいいかもしれませんね。

 

ハリアーの費用・維持費を月々と年間で計算!節約術も伝授!

 

最後に少しハリアーの年間、月間にかかる

費用についてみていきましょう。

 

かかる費用と金額は以下です。

(※年間※)

・自動車税 約39,500円

・任意保険料 約66,000円

・ガソリン代(年間1万キロ 燃費12㎞/ℓ 150円/ℓ) 約125,000円

・車検代(2年ごと) 約100,000円

・整備費用 約100,000円

合計430,500円/年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他駐車場や高速道路代がかかる方も

おられるかと思いますがここでは省きます。

月に換算すると約35,875円ということになります。

 

節約できるのはガソリン代と保険料、

車検整備費用となります。

 

ガソリン代は燃費運転を心がけていただくことで

出来るだけ距離を延ばすことができます。

 

任意保険料はネット保険など安いものに

加入することで費用を抑えることができます。

 

車検整備費用は最低限の整備にすることと、

ユーザー車検を利用することで費用を

抑えることができると言えますね。

その他の、税金関係などは抑えることができないもの

になりますので一律かかってきます。

 

いかがでしたでしょうか。

なんとなくハリアーを維持するにあたって

お金の面が見えてきたのではないでしょうか。

 

他にも改造費用やもろもろかかってくる費用もあるかもしれませんが、

そこは趣味の範囲ということで省いています。

 

費用面は車の維持において非常に重要となっていますので

良く確認の上購入することをお勧めします。

 

買取相場より70万円以上高く愛車を売る3つのポイントとは?

 

高く売りたいなら、ディーラーの下取りはオススメできません。

車の査定には、様々な要因で、買取価格が決定します。

複数の買い取り業者に競わせること。

 

この3つをポイントあなたの愛車を一番、

高く売る近道となります。

愛車を売る時、絶対に損をしない為にすること。

それは事前にあなたの車の買取価格を

一括査定で複数業者に競わせるのです。

そして、納得のいく、査定額までを引き出しましょう!

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

スポンサーリンク



新型ハリアーを購入の際はお忘れなく♪

ピックアップ記事

  1. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリアーの後部座席について…
  2. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  3. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  4. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はもとも…
  5. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回は人気ライバル車のマ…

スポンサーリンク



PAGE TOP