ハリアーのスペック・乗り心地・加速性能は日本人好み!?

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

TOYOTAの人気SUVであるハリアー。

今回は人気SUVのC-HRとのスペック比較を見ていきたいと思います。

更に、乗り心地についてメリット、デメリット、加速性能について
ターボモデルとハイブリッドモデルで比較してみたいと思います。

 

スポンサーリンク


ハリアースぺックを人気SUV!C-HRと比較

引用:https://toyota.jp/harrier/customize/modellista1/?padid=ag341_from_harrier_ex_modellista1

引用:https://toyota.jp/c-hr/grade/special/

 

まずはハリアーのスペックを見ていきましょう。

グレードは2.0ℓのELEGANCEです。

 

●基本性能

◎型式:DBA-ZSU60W-ANXMP

◎駆動方式:前輪駆動方式

◎トランスミッション:Super CVT-i(自動無段変速機)

◎乗車定員:5人

◎シフトレバー位置:インストルメントパネル

◎最小回転半径:5.3m

◎車両サイズ:全長4,725mm 全幅1,835㎜m 全高1,690mm

◎ホイールベース:2.660m

◎前トレッド:1,570mm

◎後トレッド:1,570mm

◎室内サイズ:全長1,970mm 全幅1,480mm 全高1,220mm

◎車両重量:1,580㎏

◎車両総重量:1,855㎏

◎最低地上高:190mm

 

●主要燃費改善対策:可変バルブタイミング、アイドリングストップ装置、
電動パワーステアリング、充電制御、自動無段変速機

 

引用:https://www.carscoops.com/2015/10/all-new-lexus-rx-goes-on-sale-in-japan/

 

●エンジン性能

◎エンジン型式:3ZR-FAE
◎エンジン種類:直列4気筒DOHC
◎総排気量:1,986㏄
◎エンジン内径:80.5㎜
◎エンジン行程:97.6㎜
◎最高出力(ネット):111kW(151ps)/3,800rpm
◎燃料供給装置:EFI(電子制御式燃料噴射装置)
◎燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
◎燃料タンク容量:60ℓ
◎燃費(JC08モード)16.0㎞/ℓ
◎最大トルク(ネット):193N・m(19.7kgf・m)/3,800rpm

 

引用:https://www.carscoops.com/2015/10/all-new-lexus-rx-goes-on-sale-in-japan/

 

●足回り性能

 

◎ステアリングギア方式:パワーアシスト付ラック&ピニオン式

◎フロントサスペンション形式:ストラット式コイルスプリング

◎リアサスペンション形式:ダブルウイッシュボーン式コイルスプリング

◎フロントタイヤサイズ:225/65R17

◎リアタイヤサイズ:225/65R17

◎フロントブレーキ形式:ベンチレーテッドディスク式

◎リアブレーキ形式:ディスク式

◎作動方式:油圧式

●トランスミッション(変速比、減速比)

◎前進 2.517~0.390

◎後退 1.751

◎減速比 5.791

 

 

●差各対象のCH-R(ガソリン2WD G-T)

基本スペックは以下です。

 

●基本性能

◎車両型式:DBA-NGX10-AHXEX

◎車両重量:1,400㎏

◎車両総重量:1,675㎏

◎最小回転半径:5.2m

◎トランスミッション:Super CVT-i(自動無段変速機)
[7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付]

◎燃費(JC08モード):16.4㎞/ℓ

◎主要燃費改善対策:直噴エンジン、ミラーサイクル、
可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、充電制御、
自動無段変速機

 

 

◎車両サイズ:全長4,360㎜ 全幅1,795㎜ 全高1,550㎜

◎ホイールベース:2,640㎜

◎フロントトレッド:1,540㎜

◎リアトレッド:1,540㎜

◎最低地上高:140㎜

◎室内サイズ:全長1,800㎜ 全幅1,455㎜ 全高1,210㎜

◎乗車定員:5

 

引用:https://toyota.jp/c-hr/performance/eng_hv/

 

●エンジン性能

 

◎エンジン型式:8NR-FTS

◎総排気量:1,196㏄

◎エンジン種類:直列4気筒インタークーラー付ターボ

◎燃料種類:無鉛レギュラーガソリン

◎最高出力(ネット):85kW(116ps)/5,200~5,600rpm

◎最大トルク(ネット):185N・m(18.9kgf・m)/1,500~4,000rpm

◎燃料供給装置:筒内直接燃料噴射装置(D-4T)

◎燃料タンク容量:50ℓ

◎エンジン内径:71.5㎜

◎エンジン行程:74.5㎜

 

引用:https://toyota.jp/c-hr/performance/eng_hv/

 

●足回り性能

◎フロントサスペンション:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
(スタビライザー付)

◎リアサスペンション:ダブルウイッシュボーン式コイルスプリング(スタビライザー付)

◎フロントブレーキ:ベンチレーテッドディスク式

◎リアブレーキ:ディスク式

◎作動方式:油圧式

●トランスミッション性能

◎前進:2.480~0.396

◎後退:2.604~1.680

◎減速比:5.698

 

 

いかがでしたでしょうか。
ハリアーとCH-Rのスペックについて細かく見ていきました。

 

排気量が違うので当たり前ですが、ハリアーの方が馬力もあり優れていると言えるでしょう。

CH-Rはターボモデルですが、ハリアーの方が総合的に上だと思います。

 

実際紀比べてみたらもっと違いがわかると思います。
気になる方はぜひ試乗(乗り比べ)に行ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク


ハリアーの乗り心地まとめ!メリット・デメリット

引用:https://dressup-navi.net/parts/353/

 

続いてハリアーの乗り心地についてみていきたいと思います。
ハリアーの乗り心地は滑らかで快適そのものだと思います。

 

操舵についても操作しやすく、乗りなれてない方でも安心して乗れます。

最小回転半径もホイールベースが短くなった分小さくなりウィッシュ並みになりました。
Uターンもしやすく、駐車もかなりしやすい印象です。

 

運転席はゆったり座れるシートで自分にとって最高のシートポジションが
選択できる運転席8ウェイパワーシートがオプションで付いています。

 

 

助手席も同じく4ウェイパワーシートが付いていて、高級感はさながら
最高の乗り心地、乗車位置を提供してくれます。

 

リアシートは静粛性抜群で広さも十分大人が乗っても余裕のある広さです。
長時間乗車しても疲れないシートと言えるでしょう。

 

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/

 

ハリアーのメリット、デメリットは以下です。

 

●まずメリット

◎高級感がある

◎乗り心地が良い

◎居住空間は十分

◎装備が充実

 

☓続いてデメリット

▼納期がかかる

▼車両価格が高額

▼値引きしてもらいにくい

 

以上がハリアーのメリット、デメリットです。
購入の際の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク


ハリアーの加速性能を注目!ターボとハイブリッドで比較

引用:https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_top_exterior

 

●次にハリアーの加速性能についてみていきましょう。
スポーツカーのような鋭い加速とまではいきませんが、

ドカンと来るターボの感覚が素晴らしいです。

 

ちなみによく言われる0-100㎞/hタイムは以下です。
おおよそ8秒といったところのようです。

十分な速度だと思います。

 

 

重量が重いSUVにおいてこの数値は素晴らしいと思います。
もちろん重量の軽いスポーツカーなどではもっと早い数値がでますが、
ハリアーでということでは十分です。

 

ハリアーのターボはドッカンターボでターボらしい加速を実現します。
但し、ターボがかかるまでのラグは否めません。

 

ターボがかかるまではまったりとした加速をします。
3,000回転あたりからターボがかかり始めるのでそこからは
ターボ車の独壇場と言えるでしょう。

 

 

●最後にハイブリッドとターボの比較です!

 

パワートレインによって乗り味の違うハリアーですが、
ハイブリッドはガソリン車の延長(モーターがあるので厳密には別物ですが)

だと思います。

 

 

乗り味はガソリンNAよりはパワフルですが、ターボ車のような
ドカンと来る加速はハイブリッドでも実現できません。

 

どちらがいいかは結局好みの問題になりますが、
ターボとハイブリット、どちらが良いのか…?

 

迷っている方は以下の点を参考にしていただければと思います^^

 

▼以下のような人はターボが良いと思います。

引用:https://toyota.jp/harrier/performance/?padid=ag341_from_harrier_navi_performance

 

◎ドカンと来る加速がほしい。

◎燃費はそこまで気にしない。

◎加速したいと感じるときに十分な加速性能がほしい。

◎外観、内観がレーシーな車がよい。

 

▼以下のような人はハイブリッドがお勧めです。

引用:https://gazoo.com/article/salespoint/170608_2.html

 

●とにかく燃費が良い車が良い。

●加速はそこまで求めていない。

●ハイブリッドインジケーターなどハイブリッドにしかないメカニカルな雰囲気がほしい。

●ハリアーの中では一番高級なグレードを購入したい。

 

 

どちらも素晴らしい車ですが、乗り味やインプレッションは
異なっていますので自分に合った方を選ぶことになります。

 

今までなかった走りを楽しみたいという方には

ターボをぜひ体感しいただけたらと思います。
きっと気に入ることでしょう^^

 

 

かがでしたでしょうか。

ここまでハリアーのスペック、加速性能、CH-Rとの比較や
ハイブリッドとターボの比較などを見てきました。

 

もっともっとハリアーのことを知ってハリアーでしか実現できない、
わくわくする走りを楽しんでいただけたら幸いです!

買取相場より70万円以上高く愛車を売る3つのポイントとは?

 

高く売りたいなら、ディーラーの下取りはオススメできません。

車の査定には、様々な要因で、買取価格が決定します。

複数の買い取り業者に競わせること。

 

この3つをポイントあなたの愛車を一番、

高く売る近道となります。

愛車を売る時、絶対に損をしない為にすること。

それは事前にあなたの車の買取価格を

一括査定で複数業者に競わせるのです。

そして、納得のいく、査定額までを引き出しましょう!

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

スポンサーリンク



新型ハリアーを購入の際はお忘れなく♪

ピックアップ記事

  1. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリアーの後部座席について…
  2. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  3. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  4. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はもとも…
  5. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回は人気ライバル車のマ…

スポンサーリンク



PAGE TOP