ハリアー ハイブリッド 新型 最新情報2016!

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

2016年の今でも人気のハリアーは1997年、乗用車をベースにして高級クロスオーバーSUVの先駆けとして発売され、2005年にはハイブリッド車の販売が開始されました。

 

2013年発売のハリアーは、先代よりもボディサイズも小さく扱いやすく、若者にも手が届くような値段になった人気のSUVです。

 

そんなハリアーの新型ハイブリッドの最新情報は2016年にマイナーチェンジ、および特別仕様車として発売されることです。

 

2016年の最新情報によれば廃止されるグレードはありませんが、ただボディーカラーのダークスチールマイカがなくなり、その代わりにブラッキッシュアゲハガラスフレークが追加されます。

 

またトヨタが今まで推進してきたセーフティーセンスはありませんが新型ハイブリッドのAdvancedPackageグレード、GRANDグレードともにオプションで、安産運転支援システム、プリクラッシュセーフティーシステムをつけることができます。

 

そのほかにも全グレードを対象とした電動パワーステアリングの設定変更ができるようになっています。

最新情報で新型ハリアーハイブリッド車の内装は特別仕様車カラーのスティールモーブを採用し、ベルトにはダークバイオレットのステッチが施され、ブラックピアノ調本革巻き3本スポーツステアリングなど、細部にわたってこだわりを見せています。

 

2016年の最新情報では新型ハリアーのハイブリッド車AdvancaedPnackageには車庫入れアシストシステムパノラマミックビューモニターやT‐ConnectSDナビゲーションシステムが標準装備されています。

 

しかし今回の2016年の最新情報で新型ハリアーハイブリッドのマイナーチェンジでは、セーフティセンスの採用が見送られることとなり、とても残念な結果になってしまいました。

買取相場より70万円以上高く愛車を売る3つのポイントとは?

 

高く売りたいなら、ディーラーの下取りはオススメできません。

車の査定には、様々な要因で、買取価格が決定します。

複数の買い取り業者に競わせること。

 

この3つをポイントあなたの愛車を一番、

高く売る近道となります。

愛車を売る時、絶対に損をしない為にすること。

それは事前にあなたの車の買取価格を

一括査定で複数業者に競わせるのです。

そして、納得のいく、査定額までを引き出しましょう!

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

スポンサーリンク



新型ハリアーを購入の際はお忘れなく♪

ピックアップ記事

  1. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリアーの後部座席について…
  2. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  3. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  4. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はもとも…
  5. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回は人気ライバル車のマ…

スポンサーリンク



PAGE TOP