ハリアー VS フォレスターを徹底比較!全体的にお買い得で乗りやすいのはどっち?

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

 

TOYOTAの人気SUVであるハリアー。

 

今回はハリアーとスバルフォレスターを徹底比較していきます。

 

エクステリアやインテリアはもちろん、走行性能や安全性能、サイズや燃費に至るまであらゆる方面から確認していきます。

 

どちらも人気のある車種ですがどちらを買うか悩んでいる方必見です。

 

最後までゆっくりご覧ください。

 

スポンサーリンク


1.ハリアー VS フォレスター を徹底比較!どっちがお買い得なの?

 

引用元→https://bbs.kakaku.com/bbs/70100610160/SortID=21917982/

 

○エクステリアについて

 

・ハリアーのエクステリア

 

ハリアーのエクステリアデザインはとにかく大人でカッコイイものに仕上がっています。

 

流線形のボディは最適な空気抵抗を計算されているので燃費性能にも貢献しています。

 

ウインカーもシーケンシャルターンシグナルランプを採用していて高級車さながらの装備が付いていると言えます。

 

ヘッドライトやテールランプももちろんLEDのものが搭載されていてその高級感は素晴らしいものがあります。

 

他にもサイドミラーについている足元照明はオーナーを出迎える演出として高級感をアピールしています。

 

純正でのタイヤホイールサイズはグレードで少し違いますが、18インチアルミホイールで235/55R18のタイヤが装着されるモデルがあります。

 

もうひとつのモデルは17インチアルミホイールでタイヤサイズは225/65R17のタイヤが装着されます。

 

・フォレスターのエクステリア

 

アクティブなアウトドア感を作りだした外観デザインで冒険心をコンセプトにしています。

 

ホイールサイズは17インチまたは18インチとなっています。

 

グレードによってはメッキの加飾もあり高級感も演出されています。

 

引用元→https://carblo.net/forester-acceleration

 

○インテリアについて

 

車を検討する際に非常に重要となってくるのはインテリアです

 

乗っている間ずっと目に触れる部分なので妥協は許されない部分となるでしょう。

 

見た目のカッコよさや利便性は特に気になるところだと思うのでそこら辺を気にしながら見ていきましょう。

 

・ハリアーのインテリア

 

ハリアーのインテリアはとにかく高級の一言です。

 

ターボモデルは黒と赤で統一されていてスポーティさを演出しています。

 

要所要所にフットライトやブルーの照明があり夜間でも室内の視認性は抜群です。

 

音楽やDVDを見る方には必須と言える音響関係もバッチリ最高のものを搭載しています。

 

スピーカーの数はなんと11か所にもなります。

 

便利装置としてはドリンクホルダーが前後に配置されていて収納もドアポケットやセンターコンソール付近にポケットがあり運転席からでも十分物の出し入れが出来るよう配慮されています。

 

ハリアーのバックドアはボタンで自動的に締めることのできるパワーバックドアを採用しています。

 

室内空間は大きな荷物を十分積める空間がありシートアレンジによってはゴルフバックを4つも積むことが出来ます。

 

ステアリングは本革巻きでプレミアム感をアピール。

 

シートは全車8ウェイ電動シートを採用していて特別仕様車ではプレミアムナッパ本革シートが設定されているものもあります。

 

その他各所加飾もあり至れり尽くせりな内装となっています。

 

とにかく高級感があり便利でカッコイイ車に仕上がっています。

 

 

 

引用元→https://matome.response.jp/articles/23

 

・フォレスターのインテリア

 

フォレスターの内装はオレンジのアクセントが目立つオシャレなデザインとなっています。

 

SUV本来のアウトドアを楽しむ雰囲気が見て取れます。

 

グレードによっては本革シートの設定もあり高級感もバッチリ演出します。

 

収納は1列目シートの背面にポケットがあり小物を収納できます。

 

室内空間は広くシートアレンジを施すと十分に物を積むことが出来るスペースが出来ます。

 

ゴルフバックもスノーボードもへっちゃらです。

 

リアゲートは自動で締めることのできるパワーリアゲートも搭載されていて使い勝手も抜群です。

 

小さな喜びとして後部座席にも便利な収納が出来る場所USBポートなどがあり気のきいた装備となっています。

 

引用元→https://car-moby.jp/219602

 

○走行性能について

 

車を購入するときに気になるのは走行性能ですよね。

 

せっかく買うなら走って楽しい車が良いです。

 

それぞれの走行性能はどうか見ていきましょう。

 

・ハリアーの走行性能

 

ハリアーはターボモデルを追加して走行性能を上げてきました。

 

ターボモデルには、マニュアルモードも付いていて操作することの楽しさを体感できるようになっています。

 

ハリアーの4WDはダイナミックトルクコントロールがついていて運転操作において快適な走行が可能となっています。

 

他にもパノラミックビューモニターなど狭い場所や駐車時の安全性を確保できる装置も付いています。

 

引用元→https://www.kmmo.net/

 

・フォレスターの走行性能

 

フォレスターはシンメトリカルAWDという機構を搭載しています。

 

これは悪路面に対して最良のバランスでトルク配分を行うのでどんな路面でも安定して走行できます。

 

脱出の際に使用できるX-MODEも搭載されておりSUVとしての実力は文句なしです。

 

エンジンはスバルと言えば水平対向エンジンですよね。

 

低重心で運動性能が非常に高いエンジンです。

 

また、排気音の音も魅力の一つですよね。

 

フォレスターのハイブリッドエンジンはベースがエンジン駆動で走行時にモーターがアシストするタイプになってます。

 

スポーツモードでの加速が最大の魅力になります。

 

引用元→https://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_11428.html

 

○安全性能について

 

・ハリアーの安全装置は以下です。

 

トヨタセーフティセンスPを搭載。

 

前方のカメラとセンサーで障害物を検知します。警告とブレーキアシストで衝突を防止するもの。

 

前方のカメラで道路のセンターラインを検知し車線のはみ出しを防ぎます。

 

高速走行時に前方の車を追従するレーダークルーズコントロール搭載。

 

後部座席にもカーテンエアバック搭載

 

・フォレスターの安全装置は以下です。

 

アイサイト搭載。

 

カメラによる検知でアクセル、ブレーキ、ハンドリングの3つの部分をアシストします。

 

またハリアーと同じように全車追従のオートクルーズ機能もあります。

 

衝突の危険性がある場合はお知らせしてくれます

 

ドライバーの操作が無い場合はブレーキングを行い減速、停止してくれます。

 

エアバックに関しても後部座席にもカーテンエアバック搭載。

 

更に歩行者保護エアバッグも搭載されいています。

 

スポンサーリンク


2.ハリアー VS フォレスター 価格を徹底比較!

 

引用元→https://kakaku.com/item/70100110049/

 

○ハリアーの価格

 

ハリアーの価格はガソリン車で294万円~457万円になります。

 

ハイブリッド車で377万円~495万円です。

 

○フォレスターの価格

 

フォレスターの価格は280万円~302万円となっています。

 

価格だけ見たらかなり差がありますね。

 

ハリアーのグレードによってはライバル車になることもあるかもしれません。

 

価格面はどちらが良いとは言い難いものになってますね。

 

スポンサーリンク


3.ハリアー VS フォレスター 大きさを徹底比較!

 

引用元→https://bestcarlif.com/?p=89

 

○ハリアーのボディサイズ

 

全長4,725㎜、全幅1,815㎜、全高1,690㎜

 

○フォレスターのボディサイズ

 

全長4,625㎜、全幅1,815㎜、全高1,715㎜~1,730㎜

 

○ハリアーの内寸

 

室内長1,965㎜、室内幅1,480㎜、室内高1,220㎜

 

○フォレスターの内寸

 

室内長2,100㎜~2,110㎜、室内幅1,545㎜、室内高1,270㎜

 

ボディサイズはそこまで大きな差はないようですがフォレスターの方が少しだけ大きい感じですね。

 

しかし室内サイズに関してはフォレスターの方が広いです。

 

アウトドア向けなのはやはりフォレスターですね。

 

4.ハリアー VS フォレスター 燃費を徹底比較!

 

引用元→https://hyoro-gari.hatenablog.com/entry/2018/05/22/212708

 

車の購入に際して必ず気になるのは燃費性能ですよね。

 

近年の車は燃費性能がかなり良い傾向にありますがハリアーとフォレスターはどうでしょうか。

 

 

○ハリアーの燃費

 

・ターボモデル 12.8km/ℓ~13.0km/ℓ
・ガソリンエンジンモデル 14.8km/ℓ~16.0km/ℓ
・ハイブリッドモデル 21.4km/ℓ

 

○フォレスターの燃費

 

・ガソリンエンジンモデル 14.6km/ℓ
・ハイブリッドモデル 18.6km/ℓ

 

引用元→https://matome.response.jp/articles/23

 

○ハリアーとフォレスター燃費比較まとめ

 

いかがでしょうか。

 

ハリアーとフォレスターの燃費を見てきましたがどちらもSUVにしては素晴らしい数値ですね。

 

ガソリンエンジンモデルで比較した場合はハリアーの方が少し燃費が良いようです。

 

ハイブリッドモデルを比較した場合もハリアーの方が燃費は良いようです。

 

フォレスターにはターボモデルの設定が無いので比較できませんが、ターボが付いてもガソリンエンジンと大差がないのでかなり優秀と言えるでしょう。

 

燃費に関してはハリアーの方が良い結果になりました。

 

 

○まとめ

 

引用元→https://www.kurumaerabi.com/car_mag/list/807/

 

最後に、ハリアーもフォレスターもそれぞれの個性があり素晴らしい車になっていますね。

 

使用状況などによって好みが分かれてくるものかと思います。

 

基本的な性能はそこまで大差がないように思いますがどちらかをお勧めするとなると高級感たっぷりのハリアーでしょう。

 

燃費も良くスタイリッシュでカッコイイので大人な車選びとしては文句なしです。

 

フォレスターは家族乗りやアウトドア派な方にはぴったりなSUVと言えるでしょう。

 

どちらも素敵な車なのでぜひ実車を確認しに行ってみてください。

 

皆様の車選びの一助となることを祈っています。

 

最後までありがとうございました。

買取相場より70万円以上高く愛車を売る3つのポイントとは?

 

高く売りたいなら、ディーラーの下取りはオススメできません。

車の査定には、様々な要因で、買取価格が決定します。

複数の買い取り業者に競わせること。

 

この3つをポイントあなたの愛車を一番、

高く売る近道となります。

愛車を売る時、絶対に損をしない為にすること。

それは事前にあなたの車の買取価格を

一括査定で複数業者に競わせるのです。

そして、納得のいく、査定額までを引き出しましょう!

下取り時は必ず一括査定サイトを使うこと!損しないためには?

 

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで
査定してもらうのが一般的ですが、

ここで注意していただきたいのは、
実際は「ディーラーは下取り金額を相場より、
かなり低めに見積もっている」という事。

 

ディーラーでは下取り額が30万円のところが、
一括査定で買取業者を比較してみると

「70~80万円以上になった」という、
事例が多く寄せられています。

 

必然的に車買取店はできるだけ、
利益を多く取ることを一番に考えるので、

売り手が何も知らず売ると売却額は
いくらでも安くなってしまうんですね・・・(^_^;)

◎じゃあ具体的に何をすれば良いかと言うと、
他業者と買取額を徹底比較することです!

スポンサーリンク



新型ハリアーを購入の際はお忘れなく♪

ピックアップ記事

  1. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリアーの後部座席について…
  2. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  3. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はハリア…
  4. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回はもとも…
  5. TOYOTAの人気SUVであるハリアー。今回は人気ライバル車のマ…

スポンサーリンク



PAGE TOP